大阪地区の異形棒鋼、様子見気配強まる

 
 異形棒鋼は様子見ムードが強まっている。地区製品市況はトン当たり6万2000―6万4000円(ベースサイズ、直送)前後。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。