大阪地区の一般形鋼、下げ余地なく同値圏

 
  一般形鋼は横ばい。市況は一般形鋼の等辺山形鋼と溝形鋼がともにベースサイズでトン8万8000円どころ。足元の荷動きは落ち着いており、在庫も一時に比べタイト感はなくなっているが、各種コストの増加もあり、流通は価格を下げる余地はなく、市況は横ばいでの推移が続く見通し。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。