東京地区の鉄骨、下振れ圧力強まる

 
 鉄骨はS造小屋物(コラム・H造)でトン当たり20万―24万円(建方・重機込み)どころで弱含み。新型コロナウイルスの影響で新規案件はストップしており、先行き不透明感から下振れ圧力が強まるとの見方も出ている。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。