東京地区の異形棒鋼、暫くは下げ基調

 
  異形棒鋼はベースサイズの直送でトン6万8000―7万円と下げ基調。建設需要が落ち着いていることや鉄スクラップ電炉買値の水準などのマーケット状況から先安観も出ており、しばらくは下げ方向で移行する見通しだ。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。