東京地区の異形棒鋼、コスト高受け強含み

 
  異形棒鋼はベースサイズの直送でトン7万2000円と強含み。引き合いは落ち着いているが、メーカーがコスト上昇を受けて、異形棒鋼の販売価格の引き上げに注力している。下値が切り上がるかたちで、上値寄りの取引が増えていきそうだ。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。