東京地区の一般形鋼、荷足低迷、頭重い

 
  一般形鋼の山形鋼・溝形鋼はベースサイズでトン8万2000―8万3000円どころ。市中の荷動きは伸び悩んでおり、流通の価格転嫁は停滞感が強まっている。扱い筋は一部で残る安値切り上げに努めていく方針で、市況は横ばいで推移しそうだ。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。