NSU海運 アンモニア燃料船 基本設計承認を取得

 
  NSユナイテッド海運は28日、日本シップヤード、三井E&Sマシナリー、伊藤忠商事、川崎汽船と共同で、日本海事協会から載貨重量20万トン級大型ばら積み船のアンモニア燃料船について基本設計承認(Approval  in Principle、AiP)を取得したと発表した。同船は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/次世代船舶の開発/アンモニア燃料船の開発」に共同採択された、「アンモニア燃料船開発と社会実装の一体型プロジェクト」の一環として日本シップヤードが設計。今回のAiPを取得した基本設計をベースに同船開発を進め、2026年をメドに竣工、社会実装開始を目指す。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。