中国、10月粗鋼生産8152万トン 34カ月ぶり前年下回る

 
 中国の10月の粗鋼生産量は8152万トンと前年同月比0・6%減り、34カ月ぶりに減少した。前月比は2カ月連続減。環境規制による操業制限や製造分野の需要不振、鋼材価格の下落・収益悪化が鉄鋼企業に生産の抑制を促した。中国政府は河北省周辺に加え、長江デルタや山西省周辺でも秋・冬季の大気汚染防止策を強化し、鉄鋼生産に影響するとみられている。冬場の需要減に合わせて生産を減らす動きが続きそうだ。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。