コベルコ建機・五日市工場、全面的に生産能力増強

 
  コベルコ建機(楢木一秀社長)は19日、重機ショベルの堅調な世界需要に応じ、主力工場の五日市工場(広島県広島市)の生産能力増強を決定したと発表した。同工場はマザー工場として2012年5月に生産能力年間8500台で操業を開始。その後、世界の堅調需要、12年末のCNHグローバルN・V社との提携解消に伴う欧米市場への再進出により販売台数は増加、要員増を主とした生産性向上施策を実施、年間8900台まで生産能力を高めてきた。今回、さらに高まるグローバル市場の需要を勘案、全面的に生産能力を増強、年間1万500台まで引き上げる。投資額約20億円で、20年3月までに完了させる。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。