リオ・ティント 18年、西豪州の出荷堅調 鉄鉱石生産が最高

 
  英資源大手のリオ・ティントが18日発表した2018年の生産実績によると、鉄鉱石の持ち分生産は前年比2・9%増の2億9080万トンと最高を更新した。西豪州のピルバラ地区の鉱山全体で他社の持ち分を含めた出荷量は3億3816万トンと2・4%増加。今月発生した積出港の設備の火災で一部出荷に影響が出ているが、影響は限定的とみており、19年は西豪州全体の出荷で市場環境に応じて3億3800万―3億5000万トンを見込む。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。