永和金属、チタン軸に拡販へ 多種の在庫で需要捕捉

 
  兼松トレーディンググループのステンレス・チタン流通、永和金属(本社=大阪府豊中市、原田恵一社長)は、需要堅調を背景としたチタンの販売が伸長しており、売上高に占めるチタン製品の扱い比率が、従来の50%強から足元では60%台前半にまで拡大している。国内でも数少ないチタン在庫を持つ強みを生かし、切断品や加工品などを含めた需要獲得を進め、今期(19年3月期)以降もチタンを中心に売り上げ拡大を目指す。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。