JFES、高炉改修計画部を新設

 
 JFEスチールは22日、7月1日付で組織改正を行い、高炉改修計画部を新設すると発表した。計画している西日本製鉄所(倉敷地区)での高炉改修案の具体化・立案を皮切りに全社ベースでの高炉補修・改修の立案・計画化を行うとともに、AI(人工知能)やIoTなどを生かした高炉新技術の活用策、東西4地区の高炉出銑量の最適化なども推進する。北野嘉久副社長が統括、福島裕法専務執行役員が担当、澤田宏常務執行役員が補佐する形で、初代部長には後藤滋明・製銑技術部長が兼務で就く。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。