千葉鋼材、3次元レーザー2基体制に増強へ

 
 鋼材加工・販売などを行うI・T・Oグループの千葉鋼材(本社=千葉県市原市、伊藤博一社長)は3次元レーザー加工を2基体制に増強する。来春をめどに主力加工拠点の千葉加工センター(千葉市中央区)へ新鋭機を導入する予定で、既存機は本社に移設する。鋼材需要には減速感が出てきているが、条鋼や鋼管などの複雑な加工に対するニーズは根強く、次工程の曲げや溶接まで自社一貫で手掛けることによる相乗効果もあり、同社の3次元レーザー加工は残業対応が続いている。増設により強みの即納体制をさらに強化し、顧客の利便性向上につなげる狙いだ。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。