鉄スクラップ、関西輸出価格2万8710円

 
  関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が18日に実施した第81回鉄スクラップ共同輸出入札は、落札価格がトン当たり2万8710円(H2グレード・大阪湾岸FAS)だった。成約数量は5000トン。昨年12月に実施した前回の平均落札価格から139円安、今月11日の関東テンダー平均落札価格と比べて65円安の小幅下落にとどまったが、「足元の輸出環境は悪い。米中貿易摩擦など不安定な要素もあり、先安観は解消されていない」(流通筋)など先行き懸念する声も聞かれる。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。