18年韓国鋼材内需、2年連続減5550万トン

 
  韓国のPOSCO経営研究院がまとめた見通しによると、2018年の韓国の鋼材見掛け消費量は前年比1・6%減の5550万トンと2年連続で減る。自動車生産の低迷、建設需要の鈍化などが響く。最高だった08年比で約300万トン減にとどまる。一方で鋼材生産は3年連続で過去最高を更新する。輸出が高水準を維持し、輸入は半製品を含めたベースで2年連続で2000万トンを下回る見通し。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。