大手建材薄板メーカー4社、3年連続で減益基調

 
 大手建材薄板メーカー4社の2019年4―9月期決算が14日出そろい、3社が経常減益となり、中間期としては3年連続で減益基調となった。メーカー側は足掛け4年にわたり販価是正を継続しているが、原材料や輸送費などのコストアップも続いており、価格転嫁が追い付いていない。海外市況が下落し、安価な輸入鋼材の流入が増えたことで、めっき鋼板の販売が大幅に減少したことも減益要因となった。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。