柿木鉄連会長、18年度粗鋼「昨年度並み」

 
  日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は19日の定例会見で2018年度の粗鋼生産について、「昨年度並みになるだろう」との見通しを示した。「今年前半は豪雨や台風の自然災害や生産トラブルの影響もあった」と粗鋼量を下押しする要因を挙げ、需要は堅調だが、供給側の事情により抑えられるとの見方を示した。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。