大阪製鉄、7契一般形販価 5カ月連続据置き

 
 大阪製鉄は22日、7月契約分の一般形鋼価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。販価据え置きは5カ月連続。建築関連を中心に需要は底堅く、一般形鋼の市中在庫は大阪地区などで改善しているものの、「店売りマーケットは力強さに欠けており、全体的には在庫水準もやや高い」(同社)ことなどから販価を据え置いた。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。