東南ア鉄鋼業、高付加価値鋼材製造の中国投資を歓迎

 
  東南アジア鉄鋼業の中国鉄鋼業に対する見方に変化が生じてきた。中国企業による東南アでの鉄鋼投資が増える中、高炉一貫で高付加価値の鋼材を製造する投資を歓迎する機運が芽生えている。一方で能力が過剰化する懸念が浮上。中国景気の減速や人民元安から安値の中国材輸入も増え、需給は緩み始めている。自国の発展につながる外資への期待と「中国系鋼材」の供給増によって需給が緩和する不安が複雑に絡まる。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。