鉄スクラップ関西輸出価格、3万4750円 関東上回る

 
  関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)は20日に第79回鉄スクラップ共同輸出入札を行い、トン3万4750円(大阪湾岸FAS・H2グレード)で成約した。8月20日の前回成約価格から30円安とわずかに下落したものの、今月11日実施の関東テンダーの平均落札価格に比べて264円の値上がりとなり、「国際市況に底入れムードが広がる中、為替が円安に振れたことなどで輸出環境がやや改善している」(流通筋)という。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。