東京製鉄、7契全種3000―5000円下げ

 
  東京製鉄は17日、2019年7月契約分の鋼材販売価格(店売り向け)を全品種で引き下げると発表した。値下げ幅は品種別でトン当たり3000―5000円。同日会見した今村清志・常務取締役営業本部長は「製造コストの高止まりで採算は厳しい状態にあるものの、輸入鋼材をけん制して歯止めをかけるとともに需給改善を図り、荷動き回復が予想される下期に向けて市況を底入れさせるため、出直し価格を設定するべく、全品種で販売価格を見直し、修正する」と述べた。東鉄による全品種値下げは16年10月契約以来2年9カ月ぶり(33カ月ぶり)。同社は同契約分以降で値下げを行っておらず、2年9カ月ぶりの値下げ実施となる。
 


「本ニュース」に掲載の記事・写真 の無断転載を禁じます。
本ニュースは、産業新聞社「Japan Metal News」より提供されており、
すべての著作権 は産業新聞社に帰属します。